第1回 オシャレなTシャツデザインになるアート・コンテスト!「i choose...」グランプリインタビュー

コンテスト「i choose...」にて、多数の応募作品の中から見事グランプリを獲得されたmikiさん。


miki

19歳の夏、近所の公園で白いきのこに出会う。以来、オリジナルキャラクター「きのこちゃん」を中心に、こどもとおとなの枠にはまらない「女の子」を描いている。

椙山女学園大学環境デザイン学科卒業。

卒業後は、金融機関勤務を経て、現在1児の母。石川県在住。

 

<これまでの主な展覧会>

2007 個展「Girl's sweet drops」ギャルリーくさ笛

2009 個展「へんてこ」ギャルリーくさ笛

2010 個展「Kitsch Pink」覚王山アパート

2011 二人展「えそらこと」ギャルリーくさ笛

【受賞作品名:ふわもこり・もこふわり】 


グランプリを受賞された率直な感想をお聞かせください

 

大変嬉しく思います。応援してきてくれた方に良い報告ができたのが一番の喜びです。

 

受賞作品「ふわもこり・もこふわり」についてお聞きします。制作する上でのコンセプトやヒントの様なものはありましたか?

 

この作品は個展「へんてこ」の中の1枚ですが、「へんてこ」とは日常生活の中で気づかれないけれど、ひっそりと近くにいる存在として描いています。アイディアソースは身近なものです。おばけでも、妖精でもない、害もないけれど、良いこともない。

でも、もし見つけたらなんだか面白い「へんてこ」達。見た人が自由にストーリーを考えてもらえるように、説明的すぎない描き方をしています。

 

影響を受けた作家さんはいますか?

小中学生の時は米澤よう子さん、高校生でジェフリーフルビマーリさんのイラストが好きで模写していました。

現在、好きな作家はNiki de Saint Phalle(ニキ・ド・サンファル)Ernest Neto(エルネルト・ネト)有機的な曲線が好きです。

      

作家活動をして分かったことはありますか?

経験してきたことがすべて作品に活きています。回り道しても無駄なことはひとつもありません。続けることの難しさと大切さ。人と人の繋がり。決して一人ではここまで続けられませんでした。

 

作家としての今後の目標をお聞かせください

国内外でのオリジナルキャラクターの普及と絵本制作。

キャラクターのグッズ化、立体化も考えています。

 

ありがとうございました!